人事考課をする上で大切なこと

人事考課というのは、とにかく平等に、不公平な人事考課とならないように行わなくてはなりません。とはいえ、人事考課を行うのは人間ですから、好き嫌いもあるでしょうし、苦手と思う社員に対しては、不公平な評価をつけてしまう可能性も…でも、それは絶対にNGです。そういった人事考課を行うことで社員が不信感を抱くことだってあります。きちんと公平に行えるように気をつけるポイントがあります。

まずは、先入観やイメージだけで評価しないこと。また、自分自身の価値観を持ち出して評価しないこと。更には、プライベートなことまで入れ込んで評価をしないこと。あくまで仕事の評価ですから、プライベートなことは入れてはいけません。そして、最後に一番大切なのは、評価をする基準に対しては明確にして公表することです。何が基準かわからないまま人事考課が行われているというのは社員としても不信感を持ちますから、これは必ずです。もちろん、結果は本人にフィードバックをすることで、本人も今現在の自分の状態を客観的に見るきっかけにもなります。

これらが守られている人事考課が公平といえるものなので、人事考課を行う人の独自の意見を加えないよう、注意して人事考課を行っていきましょう。


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.


No Responses to “人事考課をする上で大切なこと”

Leave a Reply

Fields marked with * are required

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>